銀行カードローンの利用限度額ってどうなの?

お金が必要になったら、銀行や消費者金融から借りることを検討されますよね。
皆さんがもし、お金を借りなくてはいけなくなったら、消費者金融から借りますか?
それとも銀行のカードローンを利用しますか?

 

消費者金融のキャッシングサービスと、銀行のカードローンサービスのシステムは非常によく似ています。
この二つのローンを利用する際には、各金融機関に申込を行い、審査に通過すると契約が完了します。

 

契約が済むと、消費者金融の場合にはキャッシングカードが、そして、銀行のカードローンの場合には、ローンカードがそれぞれ発行されます。
これらのカードを使って、最寄りのATMから融資金を引き出して借入を行います。

 

その借入の総額は契約時に決められた利用限度額の範囲内でなければなりません。
借入総額が限度額いっぱいになると、それ以上の借入はできなくなるので、ATMからのお金の引き出しはできなくなります。

 

この利用限度額は、契約時に決定されます。
利用限度額と関係の深い法律に、総量規制があります。
総量規制は2006年に制定された法律です。

 

貸金業法の管轄下にある、消費者金融やクレジットカードの信販会社などを中心とした金融機関において、個人の借入総額を制限しています。
その主な目的は、多重債務に苦しんでいる人、またその可能性のある人々への救済となっています。

 

総量規制では、「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」としています。
この規制を受けて、消費者金融やクレジットカードの信販会社は、利用者に対する利用限度額を決定しています。
ですから、実質、消費者金融のキャッシングシステムを利用して多額の借金をすることは不可能になっているのです。

 

しかし、銀行のカードローンは違います。
銀行は銀行法に則って運営されている金融機関ですので、総量規制の影響は全く受けません

 

従って、銀行のカードローンでは、高額の利用限度額の設定が可能になっています。
総量規制制定後は、消費者金融からお金を借りたくても、思うように借りられずに、苦しい思いをしている人々が後を絶ちませんでした。

 

そこで、注目されたのが、銀行のカードローンです。
銀行のカードローンは、使用用途も限定されておらず、また融資方法も消費者金融のキャッシングと似ているので、手軽で利用しやすいとあって、ますます人気を呼んだのです。