銀行ローンの中の銀行カードローンとは?

お金を借りるならば、金利の安い銀行のローンを利用したいものですよね。
しかし、一口に銀行のローンといっても様々です。

 

基本的に銀行のローンは、使用用途が指定されていることが多いです。
ですから、お金の使い道によって利用できるローンが変わってくるわけです。

 

例えば住宅ローンやマイカーローンなどがこれにあたります。
このようなローンに関しては有担保型と無担保型があります。

 

担保にも様々な種類がありますが、一般的にあまりいいイメージがないようです。
担保には、不動産担保(住宅や建物、または土地など)の設置が多いようですが、このように、しっかりした担保を設置することによって、より有利な金利でのローンを利用することができるので、担保も悪いことばかりではありません。

 

また、用途の指定が多い銀行のローンの中にも、使い道が自由なローンももちろんあります。
主にあげられるのが、フリーローンと、カードローンです。

 

フリーローンとは、特に「多目的ローン」ともいわれています。
フリーローンは、契約時に決定された融資総額を一括で指定銀行口座に振り込みが行われます。

 

それ以外に追加での融資などはありません。
そして、後は借りたお金を返済していくのみです。

 

それに対して、銀行カードローンとは、その名の通り、ローンカードを使って融資金を引き出すことになります。
引き出したい金額はこちらで指定できます。

 

借入総額が、契約時に決められた利用限度額いっぱいに達するまで、何度でもお金の引き出しは可能です。
しかし、限度額がいっぱいになるとそれ以上の借入はできません。

 

ちなみに、次の返済が行われると、またその分の限度額が復活して借入ができるようになります。

 

銀行カードローンは、自分で借り入れたい金額(一時的な)を決めることができたり、返済すれば、またその分の利用限度額が復活するなど、一見便利に見えますが、実は限度額がいっぱいになると、借入を繰り返す可能性が高くなり、完済しにくくなってしまう傾向にあります。

 

それに対して、フリーローンでは、一度借入が行われればそれきりで、後は返済を繰り返すのみというシンプルな形ですので、完済しやすいのが特徴です。
銀行側としては、完済してもらうことが大事になってきますので、一般的には、フリーローンよりも、カードローンの方が利子が高めに設定されています。