銀行融資を申し込む際の必要書類とは?

例えば家を建てたいとか、車を買いたいとか、出産や子どもの進学などで、まとまったお金がいる時って、ありますよね。
そんな時に頼りになるのが、銀行です。

 

銀行融資を受けることができれば、高額の融資を低金利で長期に渡って借りることが可能になり、毎月の返済額を少なくすることができ、経済的負担も軽くなります。
しかし、銀行融資を利用するには、必ず審査を受けなくてはなりません。

 

審査を受けるためにはまず、必要書類を提出して申込を行います。
必要書類は、各銀行の利用したいローンによって、それぞれ違いますが、基本的なものは以下の通りになります。

 

  • 借入申込書

これは基本的には銀行側で用意するはずですので、その書類に必要事項を記入する形になります。また、

  • 個人情報の取扱いに関する同意書へのサイン
  • 実印

シャチハタ印や百円ストアで買ったような印鑑では当然対応はできませんので、しっかりとした印鑑を用意しましょう。

  • 運転免許証(原本)またはパスポート(原本)、または在留カード(原本)や特別永住者証明書(原本)等、本人確認書類
  • 健康保険証(原本)

別途必要です。

 

また市町村役場に行って、住民票謄本(原本)または住民票記載事項証明書(原本)lに印鑑証明書(原本)を発行してもらう必要があります。
いずれも発行後3カ月以内のものでなければなりません。

 

加えて、給与所得者の場合には源泉徴収票(原本)の提出が求められます。
場合によっては、市町村役場などで、住民税決定通知書(原本)または課税証明書等の公的機関発行のもの(原本)が必要になることもあります。

 

ちなみに、会社役員や不動産所得などその他の所得がある人に関しては、納税証明書や確定申告書の提出も求められることがあるようです。

 

以上が大まかな必要書類の種類ですが、それぞれの書類の提出の前には必ず内容をしっかり確認し、間違いのないようにしましょう。
万が一、書類の記入に間違いがあったりした場合、そのつもりはなくても虚偽の疑いを掛けられる可能性があり、それによって審査に落ちてしまうことも十分考えられます。

 

ですから、銀行融資の申込の際には、全ての書類の内容をよく確認してから、提出することをお勧めいたします。