金利とは

キャッシングを利用してはいるけれど、実は金利や利息のことは良く分からないといった方も多いのではないでしょうか。

 

確かにキャッシングは毎月返済をしていれば問題ありませんが、とはいえ、あまりにも知らな過ぎてしまうと、通常よりも多く返済しているといったことにもなりかねません。

 

そこで今回はキャッシングにおける金利とは、どのようなものなのかを詳しく解説をしていきます。用語の説明から利息の計算方法、支払う利息を減らす方法までをお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

 

必ずついてくる「金利」

キャッシングやカードローンを利用する場合には、必ず広告やホームページなどに金利に関して記載があります。例えば金利4.5%〜15%などのように書かれていますが、そもそも金利とはどのようなものなのでしょうか。

 

金利とは、一般的にお金を借りると借り入れた金額に加えて利息と呼ばれる金額を支払う必要があります。利息とはいわゆるレンタル料金のことで金利とは、このレンタル料金がいくらになるのかを計算する為に使うものとなります。

 

例えば金利が18%となっていた場合には、借りた金額に対して18%の利息を支払う必要があります。また金利とは基本的に年率のことです。つまりは1年間お金を借りた場合に発生をする利息の割合となっています。

 

例えば金利18%で10万円を借りた場合には、計算式は以下のようになります。

 

10万円×18%=1万8,000円となり、1万8,000円の利息を支払う必要があります。

 

一方金利とは、年率の他にも月利や日歩などもあり、月利は1ケ月あたりに発生する利息の割合で、日歩は1日当たりに発生する利息の割合を示しています。

 

ただし、キャッシングやカードローンでは月利や日歩で計算されることはまずありません。

 

金利・利率・利息・利子の違い

ここまで金利とは何かや利息とは何かなどについて説明をしてきましたが、他にも利率や利子といった似たような言葉が多く存在しています。

 

では、これらの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか、ここではあくまでもキャッシング業界で使われている意味としてお伝えしていきます。

 

まず初めに金利と利息ですが、金利とは利息の割合を示すもので「%」を使って表示します。一方で利息は支払うレンタル料金そのものを表すことが多いです。次に金利と利率ですが、この意味は同じ意味を持っていて、金利とは利率のことでもありますので、金利=利率だと思って問題ありません。次に利子と利息ですが、これも同じ意味で使われていますし、他にも年率と年利も同じ意味で使われています。

 

では、キャッシングやカードローンの広告を見てみると、よく金利のことを実質年率と表示していることがありますが、この実質とは一体どのような意味なのでしょうか。

 

キャッシングの申し込みをすると業者は様々な事を審査します。するとその過程で調査や書類作成などの費用が掛かります。それらの費用も申し込みをした人達が負担することとなるのですが、これを各申込ごとに計算するのは大変な為、あらかじめ金利を含めていて、それを実質年率と呼んでいるという事になります。

 

利息の計算方法

ここからは、具体的に利息の計算方法についてお伝えしていきますが、まず初めにひと月で発生する利息の計算方法を見ていきましょう。

 

利息を求める計算式は以下のような形になります。

 

元金×金利÷365日×借入期間となります。

 

まずは元金に金利をかけて、1年間借りた場合に発生する利息を計算していきます。1万円かける18%ですので、1,800円になります。これを365で割って1日当たりの利息を計算していきます。1,800円を365で割ると約4.93円になります。今回は1ケ月借りた場合で計算をしていきますので、1日当たりの利息に30をかけていくと約148円となります。

 

このようにキャッシングやカードローンの利息は日割り計算が基本となっていますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

では次に5万円のお金を金利18%で借りた場合には、1週間でいくらの利息は発生するのか計算をしていきましょう。計算式は5万円×18%÷365日×7日で計算をしていくことができますので、発生する利息は約173円となります。

 

キャッシングやカードローンの返済を一括で行うことは稀で、多くの場合毎月分割で返済をしていきます。その場合の利息の求め方は元金×金利÷365日×借入期間となります。

 

金利の上限は決まっている

現在日本では法律によって金利の上限が定められています。

 

例えば元金が10万円未満の場合には上限金利は20%となり、元金が10万円以上100万円未満の場合には上限金利は18%、元金が100万円以上の場合には15%となります。

 

このように元金の金額によって上限金利は3段階に分けられているのですが、稀にこれよりも多い金利に設定している業者が存在していますが、それらの業者は違法業者になるという事です。

 

金利の上限は定められていますが、その範囲内であればいくらに設定をするのかは業者によって異なります。ですので利息を少しでも安く済ませたいのであれば、できるだけ金利の低い業者を選ぶようにしてください。

 

キャッシングやカードローンを利用する場合には、金利は4.0%〜14.0%といった形で表記されていますが、この場合注目をするべきは下限金利ではなく上限金利になります。

 

金利が4.0%〜14.0%となっていた場合には、14.0%の方をチェックするようにしてください。実際に何%の金利が適応されるかは審査内容によって異なりますが、最初は上限金利の方が適応されることが多いので、上限金利に注目するようにしてください。

 

単利と複利について

最後に単利と複利についてお伝えしていきます。利息の計算方法には単利と複利という方法があり、単利はこれまで説明をした通り、元金に金利をかけて計算をする方法になり、キャッシングやカードローンの場合には、利息は単利で計算をしていきます。

 

では複利とは一体どのようなものなのでしょうか、複利は元金+利息に対して金利をかけることとなります。

 

例えば100万円を金利18%で2年間借りた場合には、2年後に支払う利息は単利の場合ですと100万円×18%=18万円と100万円×18%=18万円で、18万円+18万円=36万円といった形で計算をしていきます。

 

しかし複利の場合には2年目以降は前年に発生をした利息を組み入れて計算をしていくことになります。

 

したがって100万円×18%=18万円が1年目の利息で、2年目の利息は(100万円+18万円)×18%=21万2,4000円となり、複利の場合2年後に支払う利息は18万円+21万2,400円=39万2,400円となるという事です。

 

このように元金や金利、借入期間が全く同じであっても単利か複利化によって利息の金額は大きく異なってきます。

 

まとめ

今回は初めに金利とは何か利息とは何か、そして金利や利率、利息、利子などの似たような言葉にはどのような意味があるのかについて見てきました。中には、言葉は違いますが意味としては同じ意味を示しているものもありましたが、これを知らないままでキャッシングやカードローンを利用するのは良くありませんので覚えておくようにしてください。

 

また利息の計算方法や、利息には上限があるのかなどについてもお伝えをしたのですが、もちろんこのような複雑な計算方法を知らなくてもキャッシングやカードローンを利用する事はできます。

 

しかし、中には違法業者も存在していて、場合によっては通常よりも多い金利を支払っている場合もありますので、そのようなことを未然に防ぐためにも利息の計算方法を知っておく必要があります。

 

同じ意味として金利の上限あることはもちろんですが、いくらに対してはいくらまでなのかを把握すること、そして利用している業者の金利の上限がどのぐらいなのかを把握することもキャッシングやカードローンを利用する上では重要なポイントとなってきます。

 

金利とは何なのか、利息とは何なのかという事をよく知らないままキャッシングやカードローンを利用するのはよくありませんので、金利について基本的なことは是非知っておくようにしてください。