銀行融資は個人事業主でも受けられるのか?

一般的に、個人事業主が銀行や消費者金融から無担保で融資を受けるのは、会社勤めの給与所得者よりも難しいといわれています。
では、個人事業所得者であってもきちんと稼いでいるのに、どうして融資が受けにくいのでしょうか?

 

その理由は大きく分けて2つあると考えられます。

  • 一見すると収入が低いこと。
  • 収入が安定していないこと。

個人事業主であれば、ピンとくるのではないかと思いますが、ほとんどの個人事業主は売り上げや収入に対して、多くの「経費」を計上しています。
経費を計上すれば、支払う所得税を軽減できるからです。

 

ところが、お金を借りる際には、収入証明書として、確定申告書を提出しなければなりません。
収入証明書には、収入から経費や各種控除を差し引いた額が記載されています。

 

実際の収入よりもかなり低い金額が表示されてしまうのです。
つまり、金融機関から見れば所得が低いと見なされるため、「年収が低いため融資が難しい」と判断されてしまうことが多いのです。

 

さらに、個人事業主は世間的に見ても、収入が不安定だと思われがちです。
事実、病気やけがなどの突発的な出来事が起こったりした場合、事業主が働けなくなれば、収入が途絶えてしまう可能性は非常に高いのです。

 

このように、(本当は稼いでいるのに)公的には所得が低く、突発的な出来事の際には収入がなくなってしまう可能性が高いと見なされるため、多くの銀行などの金融機関では個人事業主への融資を躊躇してしまうというわけなのです。

 

しかし、全ての個人事業主がローンを組むことができないというわけではありません。
もし、事業資金として融資を受けたいの出れば、信販会社などが提供している個人事業主向けのローンがおすすめです。

 

ちなみに、一般的な個人向けカードローンに関しては、個人事業主が事業上の資金としてお金を借りることはできません(生活費などの場合には問題ありません)。
消費者金融や銀行のカードローンは、資金使途を原則自由としていますが、一般的に事業性資金としての利用は許可していません。

 

その代わりに個人事業主向けのローンというものがあります。
個人事業主特有の所得が低いという事情も把握しているので利用しやすいといわれています。

 

ただし、審査に1週間ほどかかることもありますので、要注意です。