クレジットカードの滞納!絶対やってはいけない!

クレジットカード、それは現金を持たずに買い物が出来たり、一定額であればATMから手軽にお金を借りる事が出来たり、夢のように便利なカードです。

 

最近ではショッピングセンターやコンビニ等、様々な会員特典がつく事で入会を促す機会も多く、手軽にカードを作ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

確かに作るのは簡単です。しかしクレジットカードの場合、作った段階から個人情報により信用情報が管理される事になります。

 

もちろん問題ある行動がなければ、特に何かリスクがあるわけではありませんが、例えば支払日を過ぎて入金確認が出来なかったような滞納の場合には、延滞した事実が残ります。

 

実際にたった1度の滞納でブラックリストに載るかどうかは各金融機関の取り決めにより異なる為、確かな事は不明ですが、その後は注意が必要であるといえるでしょう。滞納=信用がなくなるという事をしっかりと覚えておくとよいでしょう。

 

光熱費まで滞納してしまう事態に…

毎月のやりくりはとても大変で、ちょっと油断するとその月は大きな赤字となってしまいます。そもそも毎月の家賃は我が家にとってはとても高く、給料の振込金額のうちかなりの割合が家賃に消えてしまいます。

 

残った金額で食費・光熱費・教育費・保険・通信費など、あらゆる支払いをしなければいけないのですが、どうしても支払いが立て込むような月には到底これらを賄う事が出来ず、ためておいた貯金の中からねん出する形になります。

 

うっかりすると光熱費などは滞納しそうになります。

 

光熱費は引き落としにしておくと、残金不足になる事が心配な為、毎月払込票から支払いをしています。

 

どうしても赤字で辛い月には、ついつい数日くらいなら…と甘い考えが顔をのぞかせ、支払日を過ぎてしまう事もあります。少しして払おうと思いながら、うっかり滞納してしまうという事態までありましたが、支払い督促により気づき何とか遅れて払う事が出来ました。

 

最初は軽い気持ちで使ったクレジットカード

クレジットカードは、最近ではショッピングセンターでの利用をお得にする為であったり、各施設のポイントや特典を有効に利用する為に入会を促される機会がとても多いです。たまに利用する程度であれば特に必要は感じませんが、頻繁に利用する施設の場合には、話を聞いてみるとクレジットカードがあった方が確かにお得になっています。

 

入会の手続きといえば、申込書に一通り記入し、当日もしくは後日郵送された書類により銀行口座を設定すれば簡単にクレジットカードを作る事が出来ます。主婦のような収入のない方でも、配偶者に一定の収入があればキャッシング枠も利用出来る会社もあるように、比較的容易に作る事が出来るのです。その為ついつい軽い気持ちでクレジットカードを作ってしまいました。

 

高額セミナーの受講料を分割で

そんなある日の事、いずれやりたいと思っていた仕事の勉強になるようなセミナーがある事を知りました。もちろん初めは話を聞くだけのつもりでしたし、金額が高額であればやらないつもりでした。しかし働いていたアルバイト先の方からの紹介だったため、簡単に断る事が出来ずにとりあえず参加だけでいいからと、お試し体験に行ってみる事にしました。

 

簡単な体験により内容は何となくわかりましたが、正直これで知識が増えるのかどうかもわからなかったので、それでやめるつもりでした。金額も確認したところ自分には高いと感じ、毎月の支払の様子を思い浮かべ、やらないと決めていました。しかし、セミナーの業者からはしつこく勧誘され、またアルバイトの先輩もやるからという理由で、契約する事になってしまいました。

 

何とか貯金もあったし、分割でいいとの事だったので、とりあえずアルバイト代から出来る範囲でと思い渋々その日は帰りました。

 

バイトをせずに節約

ところが事態が変わり、それからしばらくして足を怪我してしまいアルバイトが出来なくなってしまいました。店頭での立ち仕事が主だったため、やむを得ずけがが治るまでの数カ月間は仕事を休む事にしました。しかし契約してしまったセミナーは1か月に3回ずつの受講があった為、こちらは仕方なく予定通りに受講しました。

 

内容は今後の仕事に活かせるようなものであったため、結果としては自分の為になったとは思いましたが、アクシデントでアルバイトがストップしてしまった為、初めから貯金を切り崩す羽目となってしまい完全な誤算でした。決められた受講期間は5か月だったので、とにかくけがが治るまでの期間はひたすら節約生活でした。

 

バイト代が入らずに完全に赤字でした。

 

カード返済を滞納し始めた

最初の2か月ほどはなんとか貯金から工面し、生活費を節約しながらどうにか頑張る事が出来ました。しかし3か月目のある日、いくつかの不幸が重なりとても大きな出費が続いてしまいました。こちらも貯金からどうにかやりくりしたのですが、あまりに大きな金額が出てしまった為、クレジットカードの支払いがかさんでしまい、うっかり滞納してしまいました。

 

けがで思うように外出できなかったこともあり、本当にうっかりと口座の確認を忘れていたのです。当然支払いできていると思っていたので、それから1週間後に届いた督促状により支払いが出来ずに延滞してしまった事を知りました。なんとか有り金をかき集め、2回目の支払予定日までには振り込む事が出来ました。

 

本当にやれやれという感じでした。

 

催促の電話

しかし結局数か月で治るはずのケガが長引いてしまった事と、少しの間リハビリが必要になった為、その後も思うようにアルバイトを再開する事が出来ず、さすがにアルバイト先の店長からいったん止めるように言われてしまいました。

 

また事情が変わり、しっかり働けるようになった時には雇ってもらえるとの事でしたが、いきなりの話に呆然としてしまいました。貯金もほとんど底をつきてしまっていた為、本当に焦りました。

 

セミナーの事は自分のアルバイト代もあるからと、家族には内緒で受講していた手前、今更支払いが苦しい事を話せませんでした。先月はどうにか少し遅れて支払いできましたが、今月は完全に残金を支払う事が出来ず、とうとうまた滞納してしまいました。

 

今回は先月に続いて2回目だったため、いきなり督促の電話が来てしまいました。なんとか事情を話し、とりあえずまた2回目の支払予定日に振り込む事を約束しました。

 

ようやく返済したものの

結局その後も1度延滞してしまい、これは完全にまずいと思い知り合いから一時的に借りて支払いを済ませました。そうこうしているうちに何とかけがの状態もよくなり、リハビリにも通わなくてよくなりました。休む暇もなく知り合いの紹介で、別のアルバイトを始めました。

 

以前のアルバイト先は、例のセミナーも関連していたこともあり、とりあえずもうかかわらない方がいいかと思い声を掛けませんでした。どうにかアルバイトも再開しましたが、次の給料の日には早々に知り合いにお金を返さなければならず、その後もすっかりなくなってしまった貯金の穴埋めに追われています。

 

セミナーは約束の受講期間が終了し、完全に支払いは終わりましたが、今となっては契約してしまった事を後悔せずにはいられませんでした。

 

5年間はローンが組めない

実際に信用情報を確認したわけではない為、詳しい事はわかりませんが、結局3回も滞納が続いてしまい督促までされてしまった為、おそらくはクレジットカード情報がブラックリストに載った可能性が高いといえるでしょう。

 

幸いローンを組む予定はしばらくありませんが、クレジットカードの利用も控えるつもりです。貯金も少しずつではありますが頑張って戻しているので、しばらくは超節約生活を強いられそうです。

 

結局前のアルバイトをやめてしまった事もあり、仕事の内容が変わった為、せっかく受講したセミナーの内容もだんだんと必要なくなってきてしまっている為、今はただただ後悔するばかりです。やっぱり断固として契約を断ればよかったと、自分の甘さを反省しています。

 

まとめ

多くの皆さんはクレジットカードを正しく使用していると思いますが、この様に安易な考えで作ってしまったり、納得いかないような契約をしてしまったりすると、とんでもない事態を招く事になります。

 

しっかりと仕事が安定している方であればまだいいのですが、自分のようにアルバイトで収入が安定していないうえに、思いがけない出費が重なるとどうにもできないような事態に陥る事になります。

 

毎月のやりくりでは何とかなっていても、今回のような不幸が重なったり、思いがけずに病気で入院したりするなど、予想もしない事が起きる為十分考えて行動するとよいでしょう。クレジットカードはとても便利で使いやすい物ですが、一歩間違えればとんでもない事態を招く恐れがあるという事を、今一度頭にしっかりと刻み込んでおいてください。

 

滞納する事はとても危険です。たとえ1日や2日であっても滞納は絶対にダメです。