みずほ銀行のカードローンの長所と短所を検証!

カードローンの中でも銀行系カードローンを利用したいという人は多いものです。これは銀行という安全性や金利の低さ、利便性などが高いためですね。

 

銀行の中でも有名なのがみずほ銀行で、いろいろなカードローンの中でもみずほ銀行カードローンは限度額も高く、利率も低いので使いやすいカードローンだと有名です。

 

では、具体的にはどういうカードローンなのでしょうか。それぞれの特徴や短所、活用したいポイントなどをまとめました。他の銀行との比較も行っています。

 

みずほ銀行のカードローンについて

みずほ銀行のカードローンとは、商品名が「みずほ銀行カードローン」というとてもシンプルでわかりやすい名称のカードローンです。みずほ銀行に銀行口座がなくても利用でき、配偶者の年収でも借り入れができますので専業主婦などでも借り入れが可能です。

 

ただしローンのプランが2つあり、またインターネットバンキング「みずほダイレクト」に加入しているかどうかによっても審査時間に違いがあります。このため、自分がどちらに当てはまるか少々複雑になってくるのがデメリットです。

 

みずほ銀行のカードローンの長所

このみずほ銀行カードローンの長所は、限度額の高さです。限度額は最高1000万円となっており、ここまでの高額借り入れはみずほ銀行もしくはジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行のプレミアムプランなど、一部の銀行にしかありません。限度額がとても高いため、利用しやすい銀行なのです。

 

また、金利が低めというのもうれしいですね。金利上限が14%となっており、他の銀行と比べても低利率の範囲に入ります。

 

みずほ銀行のカードローンの短所

短所としては、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。普段から口座を持っているのならそれで構いませんが、持っていないのなら普通預金口座を開設する必要があります。

 

次に、申込方法によって審査にかかる日数が大きく変わります。Web完結申込でみずほ銀行の口座がある場合、即日審査が可能です。ただしWeb完結申込以外のインターネットからの申込みや電話の場合、1ヶ月かかるパターンもあります。もしすぐに利用したいのなら、みずほ銀行の普通預金口座を持っているのならWeb完結申込、ないのなら窓口が一番早いようです。

 

どんな方に向いているのか?

向いている人としては、すでにみずほ銀行の普通預金口座を持っている人でしょう。特に活用している人なら、その活用履歴も審査対象となり、支払状況や預金金額がそこそこあるのなら審査や限度額に影響する可能性があります。

 

また、急ぎではないができるだけ限度額が高いカードローンを作りたいという人にも向いています。審査に余裕を持って対応できる場合などは利用しやすいカードローンとなる可能性があります。

 

金利はどのくらい?

金利は先ほども触れたように、最大で14%となっています。大手消費者金融は18%前後が多いので、それを考えるとかなり低利率の部類に入るのではないでしょうか。

 

一方、最小では3.5%となっています。ただしこれはみずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」という、審査が厳しいぶん上限額なども高額なプランなので、大体の人は「コンフォートプラン」の最小金利4.0%が多いでしょう。

 

限度額はいくらまで?

限度額は先ほども触れたように、最大で1000万円となっています。最小では10万円となっており、そこから10万円・100万円刻みでの限度額設定となるようです。このため、限度額は大きくなる傾向があるという考えもできますが、実際は100万円以上の設定は難しい可能性もあります。

 

なお、エグゼクティブプランの場合、最小では200万円、最大で1000万円となっています。このため、少々審査が厳しくなる傾向があるとされます。

 

申込方法と審査時間について

申込方法については、以下の4つの方法があります。

  • Web完結申込
  • 店頭
  • 電話
  • 郵送

ただしみずほ銀行カードローンの場合はみずほ銀行の口座を持っているかどうかによって大きく差が出てきます。口座があるのならWeb完結申込か郵送ですが、この2つは銀行口座がないと利用することができません。ただ、Web完結申込みだと最短即日となります。口座がないのなら店頭に行ったほうが審査時間が短くなり、最短即日での利用が可能です。

 

借入方法について

借入方法については、一般的なカードローンで利用できる借入方法のほとんどをカバーしています。振込の場合は手数料はかかりません。申し込みをしたその日のうちに審査をうけ、お金を借りることができます。

 

また、提携ATMが多く、セブン銀行やローソンのATMなどでお金を借りることができます。ATMで借りるのが主流となるでしょう。また、みずほダイレクトを持っている場合はホームページや電話から申し込みが可能です。

 

おまとめローンについて

このみずほ銀行カードローンをおまとめとして利用することも可能です。限度額が高いことと利率が低利率なため、かなりおまとめとして利用しやすい場合もあります。

 

ただし、みずほ銀行側はおまとめローンや借り換えのための専用商品は作っていません。このカードローンをおまとめ用途や借り換え用途に使うのはもちろんOKなので、実質的にこのカードローンがおまとめローンの代わりにもなる可能性があります。

 

無利息期間とは?

なお、みずほ銀行カードローンには無利息期間というのはありません。無利息期間とは、新規に借り入れをした人への初回借り入れや最初の一定期間の借り入れのときに利息を無料にするというもので、消費者金融などで行っていることがあります。

 

ただ、この無利息期間は必ず全ての銀行や消費者金融で行われておらず、みずほ銀行も設定されていません。1ヶ月程度の短期間で返済するという場合、みずほ銀行ではなく他の無利息期間があるローンを利用するほうが利息が軽減できる可能性があります。

 

返済の手続き

返済方法についても指定があります。

 

返済方法は毎月10日、指定したみずほ銀行の口座から返済額が引き落とされるという形です。実はこれ以外の返済方法はみずほ銀行にはありませんので、注意しておきましょう。他の銀行のように振込やATMからの支払いは対応していません。

 

このため、毎月9日までに銀行口座の残高を一定以上にしておく必要があります。みずほ銀行口座の残高には注意しておきましょう。

 

返済の方式

みずほ銀行カードローンの返済方式は「残高スライド方式」というものです。これは一般的に「残高スライドリボルビング方式」というもので、残高によってその月に返済する金額が変わるというものです。

 

例えば、借入残高が100万円の場合、その月に支払う金額は2万円となっています。2万円返済すれば残りの金額はまた翌月の返済となり、この借入残高が小さくなればなるほど支払う金額も少なくなります。

 

みずほ銀行のATMが使える

みずほ銀行カードローンの大きなメリットとしては、単純にみずほ銀行のATMが無料で使えるということです。

 

平日の8時45分から18時までは手数料などが無料で利用できるので、手数料が気になる場合はみずほ銀行のATMを利用するとカードローンの手数料支払が節約できます。

 

ちなみに、みずほ銀行カードローンでは繰り上げ返済なども対応していますが、このときは銀行ATM手数料がかかります。この点は注意しましょう。

 

みずほ銀行カードローンの審査について

みずほ銀行カードローンの審査は比較的厳しいようです。

 

例えば他社のカードローンを複数利用していたり、他社の借り入れやクレジットカードの支払を滞納した過去がある、自己破産や債務整理などの過去がある場合には審査に通りにくくなる可能性は高くなると言われています。

 

また、入力内容に虚偽があったり、入力内容が間違っているようなときは否決されることが多いでしょう。すでに他社で借り入れをしている場合、それを隠すと引っかかる可能性があります。

 

まとめ

みずほ銀行のカードローンは比較的厳しい傾向がありますが、コンフォートプランならうまく活用すれば利用の幅は広いでしょう。

 

ただ、みずほ銀行の口座が必要になることや、ちょっと審査に時間がかかることもあり、比較的カードローンとしての利便性は高くなく敷居が高いカードローンといえるかもしれません。とくにエグゼクティブプランに通る人はかなりハイスペックな人に限られるでしょうから、コンフォートプランで利用することを想定して計画的に借りて返済することをおすすめします。