過払い金請求で60万戻った体験談まとめ

十数年前に消費者金融やクレジット会社からキャッシングによって金銭を借り入れた場合、法定利息を超えた利息で契約している可能性が高く、過払いの状況となっている可能性があります。過払い金は余分に支払った利息や返済金のことであり、これは取引先の消費者金融に返還請求を行うことによって取り戻すことが可能です。

 

たとえ名義貸しのために作った借金であっても法定利息で引き直し計算を行った結果、過払いが発生している場合には返還請求が可能となります。私も名義貸しによる借金であったにも関わらず、返還請求の結果90万円を取り戻すことが出来ました。その経緯を説明します。

 

「過払い金請求」

 

私が消費者金融からキャッシングをしたのは、身内に頼まれたからでした。いわゆる名義貸しでしたが、『返済は自分でするから』という身内の言葉を信じて消費者金融とキャッシング契約。借入金は全て身内に渡しました。

 

しっかり返済してくれれば何も問題はないであろうと考えていたのですが、身内の約束は守られることはなく、返済が滞ってしまったのです。当然請求は契約者である私にくることになります。やむなく私が返済していくことになりました。自転車操業を繰り返しながら10年近く返済を続けていたところ、過払い金請求がニュースなどで取り上げられるようになりました。『もしかしたら私にも過払いが発生しているのでは・・・』と思うようになりました。


 

司法書士に相談

 

過払い金請求のことを知った私は、以前借金を整理したことがある知人の紹介で司法書士事務所に相談することにしました。司法書士の方には、これまでの借金の経緯(いつからいくらくらい借り入れているのか・何年返済を続けているのか)を詳細に話しました。

 

私の話を聞いた司法書士の方は『計算をしなければならないが、それだけ長い期間返済を続けてきたのであれば、過払いが発生している可能性は高い』とおっしゃったので、私は司法書士の方に自分の過払い金請求手続きを依頼することにしました。司法書士の方はさっそく請求のため書類作成、代理人申請時の委任状を作成。その後の手続きは司法書士の方に全て任せることにしました。


 

過払い金が戻って来た!

 

司法書士の方は私のこれまでの取引履歴を法定利息に引き直して計算し、発生している過払い金を各社に請求しました。請求してから1ヶ月ほどで各社から示談内容が提示されてきました。司法書士の方と私との間で示談内容を検討した結果、返還額の大きな会社については裁判まで持ち込むという結論に達しました。

 

借入期間の短かった業者については、提示された示談内容で決着し16万円が返還されました。また、借入期間の長かった業者については裁判所に対して過払い金返還訴訟を行い、その結果、裁判での和解が成立し、最終的に80万円の過払い金が返還される結果となりました。


 

過払い金請求には費用がかかる

 

今回の私の過払い請求は全ての手続きを司法書士の方に任せました。その費用としては、最初の相談料が1万円。書類作成の実費(印紙代など)が数千円。手続きの手数料が1件あたり3万円(私の場合は2社でしたので6万円)、そして成功報酬として返還された過払い金(実際に手元に返ってきたお金)の15パーセントを支払いました。

 

成功報酬は各事務所によって異なるそうですが、今回の私の返還請求にかかった費用の総額は20万円となりました。もちろんこの費用は返還された金銭から支払っています。ある程度の費用は掛かりますが、今後借金を返済する必要が無くなる上に過払い金も返還されますので、費用対効果は抜群と言えます。


 

過払い金請求をする前に知っておくべき事

過払い金請求をする前に知っておくべき事があります。まだ返済中である債務について過払い請求を行ったとしても取り立てが厳しくなることはありません。法定利息で引き直し計算を行った結果、すでに借金は完済している状態が判明しますので、取り立てはストップします。また、全ての人について過払い金が発生しているわけではないことも知っておくべきです。

 

過払い金を計算するためにはこれまでの取引履歴を法定利息で引き直して計算する必要があります。取引期間が長ければ長いほど過払い金が発生している可能性は高まりますが、取引期間が短い場合には、対象債務額は減少しますが、過払い金の発生までは至らないケースがほとんどです。

 

また、近年契約したキャッシングの場合では、法定利息での契約となっていますので、過払い金は発生しません。

 

支給額は状況によって違う

過払い金の金額はその人の借金状況によってことなります。例えば、初回取引の時点で借り入れたのみで、あとはひたすら返済を続けている場合では、計算の結果、発生する過払い金の額は大きくなる可能性が高いのですが、借り入れと返済を繰り返している場合ですと、発生した過払い金を引き出していることになりますので、過払い金の金額はずっと返済のみを続けている場合と比較すると金額が低くなります。

 

また、借入金額も影響します。借入金額が大きければ大きいほど、余分に支払った利息が大きくなりますので、過払い金の額も大きくなる可能性があるのです。

 

標準家族でどれぐらいもらえる?

標準家族で過払い金がどれだけもらえるのかは、やはりキャッシングの取引内容によります。夫婦ともキャッシング契約を行い、借り入れと返済を繰り返している期間が長ければ、計算の結果、同じような額の過払い金が発生している可能性が高くなりますので、返還される額は単純に2倍ということになります。

 

また、給与所得の場合にはキャッシング契約時に借り入れ限度額が大きく設定される可能性があります。借入限度額が100万円を超えている場合には、債務額が100万円となった時点で以降の法定利息が15パーセントとなります。つまり13パーセント近く余分に利息を支払っていることになりますので、最終的に発生する過払い金の額も大きくなるのです。

 

高齢家庭の場合

高齢家庭の場合には、収入が年金のみであるケースが多く、キャッシング契約の際には借り入れ可能限度額がさほど高く設定されません。そのため、契約期間が長くなければ過払い金が発生していないケースがあります。ただし年金担保で借り入れている契約の場合には、借入額が高額になることがありますので、発生する過払い金が高額になる可能性があります。

 

高齢家庭の場合には、とにかく全取引履歴を取り寄せて法定利息への引き直し計算を行うことが重要となります。なかには数十年もキャッシングを繰り返している方もいらしゃいますので、そのような場合には早急に弁護士や司法書士などの専門家に相談するべきです。

 

病気の等級によって変わる支給額

過払い金は病気の等級(あるいは後遺障害の等級)によって支給額が変わる可能性は高くありません。障害者手帳の等級が高い場合であっても、過払い金はそれまでのキャッシング契約の内容(借り入れた時期、借り入れた金額、借り入れと返済を繰り返した期間)によって決定されます。

 

つまり、法定利息での引き直し計算を行った結果、余分に支払った利息や返済額が過払い金となるのです。たとえ病気の等級が高い場合でも、発生する過払い金の額に影響はしないのです。ただし、過払い金の返還請求交渉を行っている場合に、病気の等級の話を持ちかけるなど相手の心情に訴えると、返還される過払い金の額が変わる可能性はあります。

 

シングルマザーの場合

当然シングルマザーの場合であっても、発生する過払い金の金額に影響はしません。これまで述べてきたように、過払い金はそれまでのキャッシング契約の取引内容によります。もしも離婚前に夫名義で借り入れた借金を離婚後に返済をしている場合、発生した過払い金の請求権は前夫にありますので、自分の手元には発生した過払い金が返ってこない場合があります。

 

逆に夫が自分の借金を支払い続けている場合には、発生した過払い金の請求権は自分にあることになります。このようなケースでは双方がしっかり話し合って過払い金の取り扱いを決めることが重要となります。

 

まとめ

もしも消費者金融とキャッシング契約を行ったことがあり、10年以内に完済した場合、あるいは十数年取引を繰り返している場合には、過払い金が発生している可能性が高いといえます。早急にこれまでの取引履歴を取り寄せて弁護士や司法書士などの専門家の方に相談する必要があります。

 

特に返済を継続している場合には、必要のない返済を行っている可能性があります。過払い金の返還請求手続きは、専門家の方に全て任せることも出来ますが、自分で行うことも可能です。過払い金はあくまでも自分のお金です。発生している場合には業者から取り戻すべきです。