残価設定型プランを実際に利用してみました

 

自動車を購入する時、多くの人が現金一括ではなくマイカーローンなどを利用します。この時、ディーラーや金融機関から残価設定というものを採用したローンやクレジットをお勧めされた人も多いはずです。

 

毎月の返済額が抑えられるためメリットが大きいとされていますが、果たしてそれは本当なのか不安に感じることもあります。残価設定の詳しい仕組みや特徴を知り、本当にお得な方法で自動車を購入できるように準備をしておきましょう。

 

車の下取り金額が割引になる

残価設定と聞くと難しく感じますが、これは簡単に言えば将来車を買い換える際の下取り価格分を購入価格から割り引き、残額だけを支払うといった支払方法のことを指します。

 

3年プランや5年プランなどディーラーごとに契約期間が設定されており、その時点で見込まれる下取り価格を差し引いた購入代金を支払えばよいのです。

 

期間が終われば、車をそのまま買い取るか新車に買い替えるかを選ぶことができ、毎月のローン返済額を少なくできる他、様々なメリットを得ることもできます。ただ、定められた走行距離を超えてしまうと追加で費用が掛かるなどデメリットも存在するので、利用する場合は慎重に検討する必要があります。

 

車は安い買い物ではない

言うまでもないことですが、自動車というのは非常に高額な買い物になります。新車であればグレードや車種、オプションなどによって購入には最低でも100万円以上かかるのが一般的で、大型車や最新設備が備わったものであれば300万円以上することもあります。

 

例えば330万円の車を購入した場合、頭金として150万円入れたとしても残りの180万円を数年にわたってローンで返済することになります。ローンには決して安くない金利もかかるため、トータルで考えると非常に大きな出費になってしまうのです。購入する場合は、こういった経済的な問題もよく検討して車種などを決めることが大切です。

 

車の維持費は乗ってなくてもかかってしまう

自動車というのは、毎日使用しなくても当然維持費はかかってしまいます。残価設定を活用して毎月の返済額が安く抑えられたとしても、この維持費の大きさによっては毎月の負担が重くのしかかることもあるので注意が必要です。

 

例えば、1年間の保険料やガソリン代、2年ごとに行う車検費用や各部品のメンテナンス、シーズンごとにタイヤの付け替えなど自動車関連の維持費は予想以上に高くつくこともあります。残価設定を利用せずに一般的なローン返済方法を取っていた場合、このような維持費が毎月の返済額にプラスして発生してくるということも忘れないようにしましょう。少しでも返済額を抑えたい場合は、やはり残価設定プランも検討する余地があります。

 

「残価設定ローン」とは?

生活環境が変わったりして自動車をもう一台購入しなければならない場合など、毎月の返済が更に大きな負担になってしまいます。このような場合は1円でも返済額を抑えたいと考える人が多いですが、そこで役立つのがローンの残価設定プランなのです。

 

残価設定プランは、ローン完済時のその車の下取り価格を算定し、それを次の新車購入の下取りに入れたと仮定して、最初から自動車の購入価格を割引するというローンの方法になります。下取り価格になる残価設定金額は車種やローンの返済期間などをもとにディーラーが決定しますが、返済期間については3年から5年の範囲内で購入者が自由に決めることができます。

 

残価設定ローンを利用する時の注意点

残価設定プランを利用する場合、いくつか注意しておかなければならない点もあります。

 

1つ目は、必ずローンを組んだのと同じディーラーで返済後に新車を購入すること、2つ目は新車購入時点で現在の車は返却すること、3つ目は現在の車をそのまま乗り続けたい場合に残価を一括か分割で支払って買い取ることです。

 

ローン完済時に一定の走行距離以上に走っていたら、下取り価格も下がるので追加費用を支払う必要があります。また、現在の車を分割で買い取る場合は、当然その分新たに金利が発生してしまいます。

 

トータルで考えたら対して返済額が節約できないこともあるので、こういった注意点もよく考えておく必要があります。

 

自動車保険もローンで払える

ローンと言えば自動車の購入時に利用するというイメージが強いですが、実は車輌だけでなく自動車保険もローンで支払えるケースがあるのです。これはディーラーによっても取り扱いが異なりますが、ある大手メーカーであれば車輌は残価設定プランを利用し、保険料は一定額を月払いのローンで返済できるクレジット一体型の自動車保険というものを提供しています。

 

一体型の保険ローンの場合は、ダイレクト型の一般的な保険と比べると保険料は若干割高ですが、保険期間中に事故を起こしても等級が下がらず、契約期間中は毎月の返済額が変わらないという魅力があります。車の購入時に一緒に保険の手続きも行えるので、手間がかからないというメリットもあります。

 

還元されたポイントで返済

残価設定プランと同時に勧められることが多いクレジット一体型の自動車保険は、上述したメリット以外にもお得な点があります。それはディーラーが提供するクレジットカードなどに加入して特定のサービスを申し込むと、特典としてキャッシュバックを受けることができるというものです。さらに通常のクレジットカードと同じように買い物やキャッシングにも利用可能で、当然のようにポイント還元を受けることができます。

 

ディーラーでメンテナンスや車検などを行ったり、提携している店舗などで利用すればポイント還元率も高いので、よりお得にポイントを貯めることができます。貯まったポイントはキャッシュバックしてもらったり、ローン返済に充てることも可能なのでメリットが大きいのです。

 

「残価設定プラン」

残価設定プランは、デメリットさえしっかり理解しておけば毎月の返済額をかなり抑えることができるので大きな助けとなります。ローンを完済しても車を継続して乗り続けたい場合は残価分を支払う必要がありますが、それでも返済中は負担を小さくできることは無視できない魅力だと言えます。

 

この他、同時に自動車保険も契約することで更にお得なメリットを受けることもできるので、残価設定プランは十分検討対象にする価値があるのです。営業マンから強く勧められると疑いの目で見てしまうこともありますが、自分の都合や状況によってはかなり得になることもあるので、最初から敬遠するのではなくまずは話を聞いてみましょう。

 

手続きも審査も簡単なディーラーのローン

自動車を購入する場合は、ローンの内容もしっかりチェックしておく必要があります。ローンの申し込み先によっては審査が厳しかったり時間がかかったり、借りられる金額が予想より少ないということもあります。特に銀行系のローンはかなり審査が厳しいことで有名で、仕事や収入によっては契約できないこともあります。その点、ディーラーローンであれば車を購入したその場で申し込みができますし、すぐに審査結果を出してもらうこともできます。

 

銀行系と比べて金利は割高となってしまいますが、このように手続きも審査も非常に簡単なのは忙しい人にとっても助かるポイントです。割高な金利の分、残価設定プランを使って毎月の返済額を節約するという方法も効果的です。

 

まとめ

このように、残価設定ローンは毎月のローン支払額を少しでも少なくしたいという人には最適な方法だと言えます。指定した契約期間が終了すればその車は返却しなければなりませんが、愛着が湧けばその時点での残価を一括支払いしたり、新たにローンを組んで返済していけばその後も自分たちで使用し続けることができます。

 

ディーラーでローンを組めば審査も手続きもすぐに終えることができるので、時間も労力も節約することができます。この他、契約期間内に事故を起こしても等級が下がらないなどのメリットがある自動車保険を一緒に契約することもできるため、様々な面から快適な自動車ライフに役立てることができます。