リボ払いと分割払いはどっちで払った方が良い?

ショッピングをした際、クレジットカードを利用して支払いをする事が多いですが、手元に現金がなくても購入出来る為、安易に利用しやすいというデメリットがあります。

 

また支払方法も一括払い以外に分割払いやリボ払いが設定出来、とても便利なように感じますが、利用金額や支払回数によっては想像以上の金利を余計に支払う事になる為、こちらもよく考えて利用するようにしましょう。

 

いずれにしてもカードの利用については、どこでどのように利用したのかきちんと管理する事が大切です。

 

リボ払いと分割払いのそれぞれの特徴

リボ払いの特徴としては、利用した金額にかかわらず、毎月決まった金額を返済するという事が最も大きなポイントです。支払金額に関しては各カード会社によって設定が異なり、予め設定されている場合や、一定の範囲内で変更できる場合などがあります。

 

またリボ払いの種類としては、事前にリボ払いと設定されている場合、利用後に変更する場合、利用の際にリボ払いを選択する場合、そして初めからリボ払いの専用カードとして発行されている場合など、個々のカード会社によっていろいろ異なります。

 

これに対する分割払いの特徴としては、購入の際に自分で支払い回数を設定するというのが一般的です。ただし全く自由な支払い回数というわけにもいかず、カード会社によって選択できる回数等に決まりがあるので、予めよく確認しておくとよいでしょう。

 

もう1つ大きな特徴としては、同じ分割払いでも大抵のカード会社では2回払いでは金利がかからない事が殆どです。3回目以降は金利手数料がそれぞれ必要となり、回数が増えればそれだけ支払う金利も増える為、よく考えて利用するようにしましょう。

 

また一括払いを選択した場合でも、カード会社の種類によっては後から分割へと変更する事も可能です。

 

リボ払いの優れている点とは?

リボ払いの場合最も優れている点は、買い物の購入金額にかかわらずいつでも同じ金額を支払う為、余裕を持った返済が可能です。またリボ払いを選択する事で、クレジットカード会社によっては特別なサービスやポイントが付いたりするなど、通常よりもサービス面で充実しています。

 

毎月一定額を支払うリボ払いは、カードによって異なりますが、一般的には繰り上げ返済が可能となる等、自分の計画に沿って払い込みの仕方を工夫する事が出来ます。

 

特に大きな金額の利用では、一括払いは支払いが負担となり、分割払いの場合には支払いが楽になるように回数を増やせばそれだけ金利も高くなりますが、リボ払いの場合には毎月固定となる為、毎月の負担は楽になります。金利を少なくする為に、余裕のあるような月にはあらかじめ返済金額を増やして多く支払う事も出来る為、都合に合わせて変更できる点があげられます。

 

またもともと利用金額が少なければ、一括払いよりも毎月楽に返す事が出来、尚且つ分割払いよりも支払回数によっては金利が安くなる場合もあり、実際の払込金額も分割払いよりも少なくなる為、その点は優れているといえるでしょう。

 

気を付けて!リボ払いの怖い落とし穴!

リボ払いは、一見手軽な金額で返金の支払いが出来る為、とても利用しやすいと思いがちですが、それは支払金額が少ない場合にのみいえる事で、高額になった場合には当てはまらないといえるでしょう。

 

そもそも高額の支払いを一括で支払う事が難しく、何度かに分けて支払いを希望するのであれば分割払いの方が分かりやすいといえるでしょう。分割払いの場合は、初めから回数が決められますので、総額に対して毎月いくらずつ支払う必要があるのかがある程度明確となります。もちろん毎月支払手数料が加わる為、元金よりは高くなりますが、それでも後どのくらい支払いが残っているかが分かりやすいといえます。

 

これに対してリボ払いの場合、特に高額での支払いの場合には、毎月定期的に返済しているのですが、実際には毎月利息の支払いに追われてると言っても過言ではないほど、高額な支払利息を払ってしまっている事になるのです。

 

ですから途中の段階で後どのくらいの残金が残っているのかを確認すると、ほとんど減っていない…というように、思う程支払いの金額が減っていなくて愕然とした、というようなことが起こってしまうのです。

 

これこそがまさにリボ払いの怖い落とし穴といえるでしょう。

 

どっちがお得なの?

結局のところリボ払いと分割払い、一体どちらがお得なのかというと、これに関しては答えは1つではない為、断言は難しいといえます。

 

その理由についてこれから説明していきたいと思います。まず両者の支払利息から見ていくと、リボ払いの場合にはおよそ15%〜18%、分割払いの場合には12%〜15%となっている事が多いです。単純に数字だけで見ると、分割払いの方がお得に見えますが、支払う回数や金額によってはそうとばかりは言いきれません。

 

例えばリボ払いの場合には、確かに毎月一定額と決まっていますが、場合によっては繰越返済というように前もってカード会社に連絡しておくことで残金をまとめて支払ったり、いつもよりも多い金額で支払う事も出来るからです。

 

こうなれば当初の予定の利息ほどかからない為、リボ払いの方が安い手数料で済むのです。

 

しかし複数の支払いが重なった時の事を想定すると、リボ払いの場合はあくまで一定金額での支払金額である為、元金だけが膨らみ支払う金額は少なく、長くだらだらと支払うようになり、それでいて毎回金利がかかるので、支払総額が異常に多額となってしまいます。

 

分割であれば、いくら複数が重なっても毎月一定額がきちんと支払われていく為、期間ばかりが長引くというような事態にはなりません。この様に時としてどちらがお得であるかは変わるからです。

 

支払い回数は後から変更も出来る

支払回数の変更は、一般的には後からでもできる場合が多いです。あいまいな言い方であるのは、各クレジットカードによって異なるからです。詳細についてはあらかじめ契約した際の冊子を見直すか、改めて個別に問い合わせするとよいでしょう。

 

カード会社によっては、支払いに対する締め切り日を過ぎる前であれば、分割回数を個別に変更できる場合があります。金利手数料のかからない2回払いを選択できるものもありますが、中には後から変更する場合には3回払いよりも複数の支払い回数のみの選択となる場合もあります。

 

また場合によっては後から分割を選択する事は出来ず、リボ払いのみ変更が出来るというようなカードもあります。この場合まとめて残っている残金すべてをリボ払いに変更するやり方、そして個別に支払金額を指定してそれだけをリボ払いに変更するやり方など、これについてもカードによって異なるといえるでしょう。

 

クレジットカードのHPサイトより、インターネットの会員登録を済ませておくと、これらの手続きが手軽に利用出来るためおすすめです。いずれにしても支払いが確定した分の変更は出来ませんので、その手続きが済む前であれば変更は可能である場合が多いといえるでしょう。

 

まとめ

今回クレジットカードのお支払方法の1つである、リボ払いと分割払いについて比較しながら見てきました。どちらもお客様自身の利用の仕方によっては便利でもありますが、その分無駄な金額を多く払う事にもなりかねません。特にリボ払いの場合には、設定金額が少額である為、一見楽に感じてしまい気軽にカード払いを増やしてしまう恐れがあります。

 

実際には支払わなければならない総額はどんどん増加しているのに、毎月の支払額が少ない為にその事を軽視しがちなのです。詳しく調べてみると残金がなかなか減らず、一向に返済が終わらないというような事態である事も珍しくありません。きちんと計画を立てて途中でまとめた金額を支払う等の場合にはいいといえますが、なかなか自分で管理しづらいという方には、まずリボ払いはお勧めできません。

 

またまとめて支払いが可能なのであれば、初めからボーナス時の一括払いを選択する方が望ましいといえるかもしれません。カードというのは商品購入時にカード会社が立て替えてくれるだけで、支払いがないわけではありません。自分自身でこれらを管理できない場合には、カードの利用はできるだけ控える事をおすすめいたします。気づいたらとても払えない金額になっていた、そんな事態を招く事の無いように気をつけましょう。