リボ払いのメリット

クレジットカードやローンの返済方法の一つに「リボ払い」というのがあります。リボ払いの危険性を指摘する言葉は多いですが、欧米では一般的に利用されている方式であり、日本でも支払い方式の一つとして設定され利用している方もいる以上、メリットもあります。

 

その仕組みやメリット・デメリットを知って使いこなすことができるなら、決して危険なだけではなく、むしろリボ払いを利用した方がよいというケースがあることが分かるでしょう。

 

まずはリボ払いについて

借金する金額は人により状況によりさまざまですが、その利用額に関わらず毎回指定された一定額を返済していく返済方式、それがリボ払いです。元利定額や元金定額、元利定率、残高スライド元利定額、などさまざまな種類がありますが、基本はそれなのです。

 

それぞれの方式に従って、計算方法が異なるため、毎月の支払額は違ってきます。リボ払いでの返済方法ですが、そのメリットを知って利用したものはすべてリボ払いにしたいというのであれば事前登録型リボやリボ払いに限定されたカード・リボ専用カードを使って買い物をするようにすればよいでしょう。店頭などでの支払いの際に、リボ払いを選択する店頭選択型リボという方法もあります。

 

支払い方法としてはリボ払い以外にも、翌月には一括して支払う「翌月一括払い」というのもあります。これだと一般的に手数料はかかりません。ただ一度にお金が引き落とされるため大きな買い物をしていてそれほど給与も見込めないというなら翌月の生活に影響が出てしまう危険性も。多少まとまった額が入るボーナス時期に一括して支払う「ボーナス払い」も手数料はかかりません。一度での支払いが難しければ手数料はかかりますが「分割払い」もあります。

 

これらの方法を選択していたけれどやはりリボ払いの方がメリットがあるというのであれば、「あとからリボ変更」という選択肢もあるのです。

 

リボ払いの返済シュミレーションをしてみよう!

元利方式や定額方式・元金定率リボルビング方式など種類によって利用した額に対する毎月の返済額は違ってきます。利息を含むか含まないか、支払いの残高が返済の金額に影響してくるかしないかなど異なるからです。どの方式が取られているのかを知って返済シュミレーションをしてみましょう。

 

毎月定額で返せばよいというのがリボ払いのメリットですが、その毎月の額があまりに大きすぎると生活費を脅かすことになってしまいます。支払い残高が影響して来るようなタイプだとまたお買い物がしたくなった時にどう金額が変動するか知っておかないと、今は良くても次第に返済が困難になってきてしまいます。どれくらいの期間で返済が終了するのかも知っておかなければたとえ少ない額とは言ってもずっとその買い物の借金が引かれ続ける生活も大変です。

 

今返すことができるのか、将来的にはどうなるのか、今と未来の両方を知るためにも返済シュミレーションを行なうことは大切なことなのです。毎月定額が引き落とされるということは残高や返済状況が分かりづらくなってしまいます。

 

インターネットで調べれば返済シュミレーションはあります。わざわざ自分で計算式に当てはめて計算しなくても、利用した金額や選んだ支払い方法を入れてやれば月々の支払い額や期間・現在の残高など必要項目が出てくるので参考にできます。

 

リボ払いの良いとこと悪いとこ

リボ払いのメリットといえばやはり毎月の額が決まっていることです。分かりやすいので家計管理もしやすくなりますし、支払額を低く設定すれば毎月の負担も少なくて済みます。

 

ただ、毎月一定額ということで使いすぎが自身で把握できず、知らない間に利用額が膨れ上がっていたという危険性も。安易に利用してしまって、その結果として返済能力を超えた借金で自己破産や債務整理を行なわなければならなくなるケースも少なくなく、それが取り立たされて危険な方法と言われているのです。

 

手数料なしの一括払いと違い、手数料もかかるのですが、その額は15パーセントから18パーセントと分割払いよりも高めです。それもまたリボ払いのデメリットであり、返済が滞ってしまう理由なのです。

 

毎月の返済額を少なくすると月々の負担は減るものの、返済しなければならない金額が高くなり長い期間、借金と手数料を支払い続けなければならないことに。ただ、毎月の額が一定というリボ払いですが、実は繰り上げ返済もできます。ボーナスなどまとまった額が入るときがあるなら、そのときに一気に繰り上げ返済してしまえば繰り上げ返済分はすべて元金の返済にあてられるため、返済期間も利息も一気に減らすことができるのです。

 

銀行やコンビニのATMからいつでも簡単に繰り上げ返済できるというのもメリットの一つです。

 

リボ払いを使った方が良いケース

メリット以上にデメリットの多い支払い方法だけにリボ払いはできれば使わないほうが良いです。ただ、繰り上げ返済できるめどがあるというのであれば、支払い方法であえてリボ払いを選び、途中で一気に繰り上げ返済してしまうというのも手でしょう。この方法の方が分割払いよりもお得な場合もあります。返済シュミレーションでどちらが良いのかよく検討したうえで選びましょう。

 

ただ、今の時代、ボーナスがどれくらい入ってくるのか分からずもしかしたら会社の業績の悪化によりボーナスカットという危険性さえあります。それに、月々の給料で返済できるのであれば一括で返すほうが手数料もかからず良いでしょう。

 

リボ払いを選ぶことで家計の管理がわかりやすくなるように思えるでしょうが、実際にはあとどれくらいで返済が完了するのかなど将来に渡って管理しなければならないため余計に面倒です。

 

リボ払いを使った方が良いケースというのは、本当の意味で家計の管理ができて、メリットデメリットを知った上で繰り上げ返済を使ってデメリットとなる手数料分をほとんど支払わなくてすむ支払い方法ができるめどがある場合のみです。

 

リボ払いというのも借金の一つです。安易に借りていては返済できなくなってしまいます。いくらでもお金が出てくる魔法のお財布というわけではないのですから、計画的に利用するようにしましょう。

 

まとめ

リボ払いの怖さを言われたりすることがありますが、大切なのは使い方です。使い方次第で上手に買い物できたり、逆に自己破産に陥ったりするのです。ただ、どんなに計画的な方でもボーナスが今回も出るかどうかは分かりかねます。繰り上げ返済もいいですが、そこに潜むリスクも知っておく必要があります。

 

最もよいのは計画的にお金を貯めておいてその商品の金額まで溜まった時点で現金で購入することです。車など大きな買い物であってもその方法を取る家はもちろん存在します。とはいえ、突然に必要となるケースもありますし、貯めてから購入するのではなく、購入後に借金分を支払っていく方法を取る方は多いです。そんなときにどの支払い方法が良いのかしっかり考えて購入し、購入後はきちんと借金分を返済して行きましょう。

 

怖い怖いといわれるリボ払いですが、ただやみくもに怖がるのではなくそのしくみを理解して正しい知識を身に付けておけば決して怖いだけのものではありません。かしこく利用してください。

 

ただ、CMなどでもよく見かけるし、なんとなくお得だからと安易に利用するのも危険です。借金しているという自覚を持っておき、クレジットカードをお財布代わりに使ってどんどん買い物するのはやめましょう。現実を知るためには、毎月届く利用明細書を必ず確認するようにしておくのも手です。