カードローン審査に通るための対策テクニック

年収が全く同じ金額でもキャッシングの審査では通過する人、しない人がいます。キャッシングの審査基準はとても複雑なので、どうして自分が審査に落ちたのか分からない人も多いのが現状です。キャッシングの審査はどこが基準になっているの?という疑問を抱く方も少なくありません。

 

キャッシングの審査ではみなさんが知らない基準があるのでその部分を理解しておけば、審査に通る人とそうでない人の違いについてわかると思います。ここではキャッシングの審査で重要視されるポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

カードローン審査に通る人と通らない人の違い

独身と既婚者では、どちらが審査に受かりやすいでしょうか?これは結婚している人の方が審査に通りやすいです。それでは初めてお金を借りる人とすでに借り入れ経験がある人ではどうでしょうか?これは借り入れ経験のある方が審査で有利となります。

 

これらの理由としてあげられるのが、キャッシングの審査項目の多さです。カードローンでお金を借りる時には「その人が貸したお金を返済できるかどうか」で審査に通る・通らないの判断をしています。

 

年収が高くて正社員として勤めていても過去にクレジットカードの不払いがあった方や債務整理の経験がある方などは審査に通らないでしょう。カードローン会社は収入や職業以外の部分もしっかりとチェックするために申込者のさまざまな情報を通して、審査を行っています。

 

その一つが与信スコアリングシステムです。与信スコアリングシステムには職業や年齢などの属性に関わるものと、他社の借入状況や返済実績などの信用情報に関するものがあります。属性や信用情報を数値化することでスピーディに審査を行うことができるわけですね。最短即日融資が可能なカードローンが増えたのは、これが理由となっています。

 

融資の「属性スコアリング」って何?

カードローン会社は申込者の属性をスコアリングします。

 

属性とは申込者の返済能力と言い換えることができるでしょう。年収や職業などが主な内容です

 

まず「勤務先」は公務員>大手企業>中小企業>自営業・個人事業主>アルバイト>無職という序列になります。左に行くほど有利ですが、アルバイトやパートでも借りられる可能性は十分あります。

 

「雇用形態」に関しては正社員>契約社員>派遣社員>アルバイトです。非正規雇用の方でも長期的に安定した所得が見込める場合は融資OKとしている会社が多くなっています。

 

「年収」は400万円以上あれば、審査に影響することはほとんどありません。基本的に年収は審査通過よりも限度額に大きな影響を及ぼします。「健康保険証の種類」も重要な審査項目です。共済保険>組合保険>社会保険>国民健康保険の順序となっています。

 

「勤続年数」や「居住年数」は長ければ長いほど良いとされており、「住居形態」に関しては本人名義の持ち家>家族名義の持ち家>社宅>賃貸>公営住宅です。これは経済状況だけでなく夜逃げのリスクも考慮されています。「家族構成」に関しては家族と同居で独身が最も高いです。基本的に家族と一緒に住んでいる方が審査で有利となります。

 

初めてのカードローンとキャッシング業界での評価とは

冒頭で取引実績のある方が審査に通りやすいと伝えました。初めてカードローンに申し込むという方はクリアなイメージがありますが、ローン会社の求めるユーザーは繰り返し取引してくれる方です。そのため長期的にカードローンを使っているユーザーを好む傾向にあります。信用情報スコアリングの方を確認していきます。

 

「取引実績」は経験の多い方が審査では有利です。「取引期間」も同じで長く使っている方ほど審査に通りやすくなっています。ただし「借入残高」は少ない方が良いでしょう。消費者金融系のカードローンを使う場合、年収の1/3までしかお金を借りることができません。総量規制対象外となる銀行系でも年収の半分以上借りている場合は審査に通るのは難しいでしょう。

 

「他社借り入れ」に関しては金額も大切ですが、件数の方が審査では重要となります。借り入れ件数が5件以上になれば、ほとんどの方が審査に通らないです。1社で300万円借りている方と5件で60万円ずつ借りている方なら前者の方が評価は高くなります。他社の借り入れ限度額が高いということは、それだけ信用力があることの証明となるのです。

 

金融業界の「事故者リスト」ってホントにある?

事故者リストやブラックリストという言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、そのようなものは存在しません。存在するのは信用情報と呼ばれる個人のローンやクレジットの利用歴を保存したものです。信用情報は信用情報機関によって一定期間保管されます。属性に申し分がなくても審査に通らない方は、信用情報で審査落ちしている方がほとんどです。

 

信用情報機関に保存されている期間は、その内容によって様々。

 

債務整理や延滞の情報なら5年間。自己破産なら10年間保存されています。

 

これらの事故情報が記録されている状態のうちはクレジットカードや新しい借り入れ審査に通らないです。自分の信用情報は信用情報機関に「開示請求」することで見ることができます。審査に通らないんじゃないか?と不安な方は一度確認してみるのが良いでしょう。

 

開示には500-1,000円の手数料がかかりますが、自分自身の信用情報を即日で確認できるのでオススメです。最近では郵送だけでなくスマートフォンやパソコンで見ることもできますよ。開示報告書を確認すればカードローンの審査に通らない原因がわかるかもしれませんね。

 

カードローン審査で有利になるために

属性に関してはコントロールできない部分が多いので審査で有利になるためにできることは限られています。持ち家の方が有利だからと住宅ローンを完済することもできませんし、健康保険証の種類も簡単に変えられるものではありません。自分自身にコントロールできる領域として考えられるのが信用情報スコアリングの部分です。

  • 「借りたお金はきちんと返すこと」
  • 「延滞せずに支払日には送れないこと」
  • 「借り入れ件数を少なくすること」

などが挙げられます。このような要点を押さえることによって自分自身の信用力を高めることができるのです。

 

クレジットカードの利用も適度な利用を心がけ延滞や不払いはしないようにしましょう。日頃から計画的にお金を使っていれば、あなたの信用情報はクリアに保つことができますし、傷をつけずに借り入れすることができますよ。

 

また申し込みブラックという状態もあるので、一度にたくさんの申し込みをしないことも頭に入れておいてください。申し込み情報は信用情報機関に6か月間保存されるので、再度申し込みするときは半年間、期間をあけてから申し込むようにしましょう。

 

まとめ

カードローンの審査に通らない方は信用情報に問題点があることがほとんどです。クレジットカードやカードローンを正しく使っていれば審査に通らないということはないでしょう。過去に延滞してしまったからクレジットヒストリーに残っているか確認したい方は信用情報機関に開示請求して自分の信用情報を確認してくださいね。

 

属性面でも問題がなく、信用情報に傷が付いていなければ多くの方は審査に通るでしょう。無茶な申し込みでなかれば審査に通らないということもほとんどありません。すでに借り入れが沢山ある方はコツコツと返済することが大切です。できるだけ借り入れ件数を減らして、1社でまとめてしまうことにより新しい借り入れを受けやすくなります。

 

カードローンの審査に通らない時は自分で原因がわからないものです。金融機関側から「〇〇が原因で審査に落ちました」と教えてくれるわけではないので、審査に通りやすい自分でいることが最も大切だと言えるでしょう。延滞や不払いを起こすことなく適度な利用を心がけてください。カードローンを上手に使ってお金のやりくりに役立ててくださいね。